☆晴れ晴れママのブログ☆ 小学生・男の子との日々

2008年生まれ・小学5年生の男の子のママです。日々の生活のことを綴っていきたいと思います(*^-^*)

公立中高一貫校の入試

 

私の住むところでは、県立中高一貫校と国立大附属中学が同じ入試日となるため、併願はできません。

県立中高一貫校が出来たばかりのころは入試日が別だったらしく、併願ができたそうです・・・羨ましい。

結局のところ、優秀な子は適性検査であろうとなかろうと合格してしまうようで、辞退だ!繰り上げた!ということが面倒くさかったんでしょうね・・・学校側が。

というわけで、来月から6年ゼミが始まるわけですが、この時点で志望校を決めておかなければなりません。

ウチは国立大学附属中に決めたのですが、、、、それでも県立中入試の話は気になるところです。

県立中に特化した塾のホームページをみていたら、今年の入試は例年にも増して適性検査の点数が高得点でも不合格・・・というケースがあったそうです。

それなら学校の成績が良いウチの子は有利なんじゃない?なんて思ったりしましたが、、、なんだか、そんな・・・調査書が良いだけの子を集めてどうするんだ?って感じもします。

先生受けの良い子が大半を占める学校って、窮屈そうです。

ウチの子もいわゆる優等生ですが、これはいろんな子がいて初めて「優等生」となるわけで、優等生ばかりの中でだったらどうなるんだろう(;'∀')

そんなわけで、県立中は回避ですが・・・・。

他の都道府県はどうなんでしょうね。

毎日、いろいろなことを我慢して頑張っている姿を見ると、調査書での極端な逆転現象は勘弁してほしいなーと思うので、当日の得点順でほぼ合格するところを目指したいと思ってしまいます。

 

週末は月イチテストです。

クラス落ちから脱却できるでしょうか。

 

 

 

おしまい☆彡