☆晴れ晴れママのブログ☆ 小学生・男の子との日々

2008年生まれ・小学5年生の男の子のママです。日々の生活のことを綴っていきたいと思います(*^-^*)

1年後

 

私の住んでいる県では、1月初めが受験日で中旬に合格発表があります。

1年後・・・・試験を終えて、合格発表を待っているんだなー

と思うと、「考えたくない!!!」

1年まえの今、それを想像するだけで胃が痛くなります。

ブログを読ませて頂いている方の中には、6年生の方もいらっしゃいます。

どうか皆さんに吉報が届きますように!!!

 

新年早々、受験まで1年!!と思い

 

 

高橋 2020年 カレンダー 壁掛け A2変型 E3

高橋 2020年 カレンダー 壁掛け A2変型 E3

  • 発売日: 2019/08/22
  • メディア: オフィス用品
 

 

こんな感じの12か月が一枚に収まったカレンダーを購入。

購入したのはダイゾーです(^^;

1日が終わると斜め線を引いていくと、受験までの日が刻一刻と迫ってくる感じがするので良かったなーと思う反面、プレッシャーに押しつぶされそうに(;'∀')

 

それはともかく

1日1日を大切にしなくてはいけないですね。

 

 

小学校の方では、年度末を迎えるにあたって

いろいろ授業の進みが順調でないものもあるらしく、ずーっと図工やってるらしいです。

今さら土曜授業再開は難しいのでしょうが、コマが少ないわりにやることが多すぎるような気がします。

プログラミングとか英語とか増えてますしね・・・・

で、課外授業っていうのでしょうか・・外に行く行事も多いような気がしてます。

6年生になると、学校のいろいろも増えそうですね。

受験がなければ思いっきりやってほしいところですが、そうもいかず。

やきもきしそうな気がして今から気が重い。

1年後に向けて、私の精神力を強くすることが課題です(;'∀')

 

 

おしまい☆彡

塾に相談

 

小学2年の冬期講習から通塾していますが、塾に電話することはほとんどなかったのに・・・また電話してしまいました。(;'∀')

〆切間近の6年ゼミのコース。

通常ゼミの理社を取らないで、志望校別講座の理社で事足りるのか等々・・・そして、勉強方法のことも聞きました。

 

電話して良かったー。

 

先生はこう何度も電話してくる親をどう思っているのかわかりませんが(^^;

なんたって初めての中学受験。

わからないことは、プロである塾の先生に聞くのが一番!!

絶対に失敗はしたくないので、先生のお力を十二分にお借りして頑張っていきたいと思います。

 

月イチテストに向けて、重要なのは算数なのですが

まぁ・・・ホント、社会(歴史)が大変です。

範囲もまぁまぁ広いので、最低限、重要事項だけは漏れがないように・・・ということで

 

 

5分間社会ドリル 小学6年生

5分間社会ドリル 小学6年生

  • 作者:三木 俊一
  • 出版社/メーカー: 清風堂書店
  • 発売日: 2015/02/01
  • メディア: 単行本
 

 

 

A5サイズとコンパクトで一枚ずつ切り離せるドリルです。

学校用なので内容も重要事項しかなく、最低限の暗記にはちょうど良いかと。

ただ、学校用なので用語を選択するものが多く、塾の社会では絶対にありえない設定だったりします。

なので手間なのですが、その選択肢を修正テープで消してプリンターで印刷しました。

とりあえず2部ずつコピーして、2周りやれたらいいなーと思ってます。

 

昨日の夜、これやってみてー!と言ったら

5枚くらいやる!ってこたえて始めたのですが、なぜか月イチテスト範囲を全部やってしまったという・・・・

もちろん、答えられないところも多くありましたが

サイズが小さいことや、なんとなく簡単そう?みたいなのもあったのでしょうか・・・

食いつきが良かったですね(^^;

 

というわけで、気を良くして

 

 

5分間社会ドリル 小学5年生

5分間社会ドリル 小学5年生

  • 作者:三木 俊一
  • 出版社/メーカー: 清風堂書店
  • 発売日: 2015/02/01
  • メディア: 単行本
 

 

地理の復習に5年生も買いました。

修正テープで消して、プリンターでコピーするのは面倒ではありますが

基礎の基礎の基礎固めに使っていきたいと思います。

 

 

おしまい☆彡

新年初ゼミ

 

 クラス落ちして行き渋りしたらどうしようか・・・なんて思っていましたが、フツウに入って帰ってきました。

授業内容は最上位クラスよりきめ細やかに教えてくれるようで、わかりやすかった!と言っていました。

前回ゼミ内容の確認テストは、算数以外はどのクラスも内容は同じですが算数だけは違います。

内容が易しくなったのだから100点を、と思いましたが全然届かず・・・

お説教が始まったのは言うまでもありません(-_-;)

本人もさすがにマズイと思ったのか、帰宅後は今までになく勉強してました。

やっぱり、本人が「マズイ」と思わないとダメですね・・・

そして、昨日は志望校別講座が始まりました。

そこでクラス落ちする前のメンバーと一緒になり、すごく楽しかったそうです。

そこでまた心に期すものが芽生えたようで、「絶対、最上位クラスに戻る!」と珍しく自分から言いだしました。

2年生の終わりから一緒に学んできた子が多く、ライバルではありますが、なんといいますか心の繋がりはあるんでしょうね。

母としては、できない算数をどうにかするためにクラス落ちしたクラスで理解を深めてほしいと思ったりしますが、せっかく頑張る!と言っている気持ちに水を差すことはできません。

月末の月イチテストに向けて、全力でサポートしていきたいと思います。

 

そういえば気になることも。

女子のトップの子が転塾したらしい???

首都圏受験に切り替えたのでしょうか・・・・・

中学受験事情も少しずつ変わってきて、塾もあれもこれも・・・というよりも、その目的に特化した感じじゃないと難しくなっているのかもしれません。

4科のテストでも首都圏私立と県内国立附属は違いますし、県立中高一貫は適性検査。

どれもカバーするのは難しく、6年になるとコース別になりますが、5年生あたりから特化して勉強しないとダメな時代になってきているのかも・・・・。

 

今日は3連休の最終日。

楽しみはお昼の外食だけになりそうです(^^;

 

 

おしまい☆彡

 

明日からまた塾

冬期講習は年末で終わりましたので、明日が新年はじめてのゼミです。

クラス落ちしていて、どんな気持ちなんだろうな・・・・

教室入ったとき、どんな気持ちになるんだろうな・・・

そのときの気持ちを忘れないで、新たなスタートを切ってほしいと思ってます。

 

昨日、個別に今月いっぱいで休止の届を出してきました。

担当の先生も校舎長も良い先生だったので、また必要となったときにお世話になろうと思ってます。

 

一方、学校の方は来年度に向けていろいろ動き出してます。

その一つが育成会。

嫌だなーと思っていたところにまたイヤな出来事があり、あと一年のお付き合いさえしたくないと思ってしまいました。

中学校は地元中学には進まないので、同級生や上下の学年の親との付き合いはないのですが、何て言いますか・・・・下衆な人が多すぎる。

あーーー、嫌だ嫌だ。(;´Д`)

やっぱりもっと前に退会しとけばよかった・・・・・

 

いろいろありますが、一番の目標は子供の合格っ!!

これに意識を集中して過ごしていきたいと思います。。。。

 

 

 

おしまい☆彡

 

 

学校でのこと

昨日から始まった学校。

楽しみにして行った割には疲れたらしく、脚が痛いとかなんとか言って塾の勉強は捗りませんでした。

ウチの子の学校では「自主学習ノート」が宿題のひとつ。

秋田県方式を取り入れたのでしょうが、これの効果はあるんでしょうかね・・・・

問題文も自分で書かなければいけなくて、問題集のコピーを張るのはNG。

時間がかかって仕方ありません・・・・

プリント渡してもらったほうがどんなにラクか・・・・

ですが、宿題なのでやっていきますが、中には宿題をやってこない輩が何人かいる。

先生もさすがに問題視したらしく、冬休み前から宿題をやってこない人がいた場合は2ページとなりました。(それまでは1ページ)

よくわかりませんが「連帯責任」だそうで・・・・

他の人に悪い・・・と思ってやってくることを期待したのでしょうが、結果・・・・連日2ページですよ!!!!!

もうこうなったら、自己責任にしていただけませんか、先生。

と電話したいところですが、出来ません(-_-;)

これ、いつまで続くんだろうなー

 

 

おしまい☆彡

 

今日から学校

 

今日から学校が始まりました。

天気が悪い中、大荷物で出かけていきました。

「あーーー、明日から学校かー⤵」

となるかと思いきや、「みんなと話せるの楽しみー!!」ですって。

塾の勉強が過酷で、学校が息抜きになってるのか・・・・

ま、学校でのトラブルがなくて息抜きになるのは良きこと。

本命校の受験まで1年となり、母の焦りを子供なりに感じてるのか

今月の月イチテストに向けての勉強をコツコツ頑張っています。

 

突如、失速した国語については、

 

中学入試国語のつまずきを基礎からしっかり「文章読解」

中学入試国語のつまずきを基礎からしっかり「文章読解」

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2009/09/01
  • メディア: 単行本
 

 これを購入しました。

で、子どもに任せるのではなく、わたしも一緒に。

問題文を音読して、問題を解いて、答え合わせは私がします。

間違ったところは、あーだこーだ話し合いながらやっています。

 

そして、今年になって始めたことは音読。

音読が大切ということから、「天声人語」のようなコラムを毎朝音読し始めました。

購読しているのが地方紙なので天声人語ではないのですが(^^;

語彙を増やすのにとても役立つような気がします。

これを本当は5年生になった4月から始めたかったのですが、数日で頓挫。

でも私が、そのコラムを書き写すノートが売っていたので、4月からずーっと書き写しをしていて、これは受験に有効だ!と思い、国語の成績低下を受けて音読を再開しました。

即効性はないかもしれませんが、続けていきたいと思っています。

 

 

塾の方では2月から新年度。

まだ新年度の申込みをしていなくて・・・・・クラス落ちした先の担任の先生と面談して話を伺ってからで・・・ギリギリに提出しようかと思ってます。

そして、新年度から志望校別講座が増えることから、個別を一旦休止することにしました。

個別があるということで、なんていうか・・・・より「受け身」になってしまったようなところも見受けられるので、一旦辞めてリセットしてみようと思います。

6年生のゼミや志望校別が始まってみて、やはり個別が必要と思ったらまたお願いするつもりでいます。

そういう判断が正解かどうかわかりません・・・・

正解になるように頑張りたいと思います!!!

 

 

おしまい☆彡

 

 

 

あけましておめでとうございます

 

実際の受験日は来年になりますが、今年が実質「受験年」!!

サポートを頑張っていきたいと思います。

 

すっかりブログ更新が滞ってしまいましたが・・・・

初めてのクラス落ち通告を受け、かなり落ち込んでいました。

そうなるだろう・・・と思っていましたが、本当になるとショックですね。

子供も落ち込んでいると思いますが、親である私の方が落ち込みが酷くて・・・最悪な親です(-_-;)

実際の受験で失敗したら絶対取り乱すなー自分・・・と確信しました。

そんな中でしたが、「クラスが戻れる基準」を聞くために塾に電話しました。

そうすると俄然やる気になっていて、今は落ち込みはなくなりました。

今は今月の月イチテストに向けて頑張って勉強していますが、算数が・・・(-_-;)

クラス落ちしたクラスがやっている問題にも苦戦してる(;´Д`)

こりゃ、クラス落ちするわな・・・

と思いながら、コツコツ地道に演習を繰り返すしかない!!と頑張ってます。

 

転塾も頭をかすめたのですが、これは危険らしいので踏みとどまってます。

ただ、来年のゼミについて4教科を取るのか、2教科にするか。

理社は暗記が得意なことと興味もあることから、本人の吸収が良いです。

理社は5年生で一通りの学習が終わり、6年生は演習中心になります。

それを取ったほうが良いのは確かなのですが、それを取ると宿題の量が増え、算数の宿題をする時間が足りなくなってしまっていた現状。

なので、塾では2教科にして、理社は自宅で問題集を地道にやっていこうかと思ってます。

それに志望校別講座で理社もあるというのもあります。

クラスアップも大切なのですが、志望校への確実な合格、最短距離を探っています。

クラス落ちで落ち込んでいる暇はない!!!

という強い気持ちをもって頑張りたいと思いますっ!!!!!

 

 

おしまい☆彡